キネシオロジーへの道2

タッチフォーヘルス キネシオロジー編

タッチフォーヘルス?

前回から:

恩師である、ドクター林からの電話で

”あ、中村君、君も日本でキネシオロジーを受講しているんだよね。 せっかくキネシオロジーの本場の国にいるのだからもう一度学んでみなよ。 確かにAKは複雑で難しいが、実はAKをもっと簡単にした面白いキネシオロジーがロスにあるんだよ”。  

”え、ドクター、AKを易しくしたそんな面白いキネシオロジーがロスにあるんですか?” 

”ある、ある。「タッチフォーヘルス キネシオロジー」という一般人向けのキネシオロジーだよ。

これが初めて聞いた「タッチフォーヘルス キネシオロジー」の名前でした。

ドクター、何だかとてもユニークで、楽しそうな名前のキネシオロジーですね。どんなキネシオロジーなんですか?”

”タッチフォーヘルスはAKをもっと簡単にわかりやすくした、一般人向けのキネシオロジーよ。 今の中村君にはぴったりなキネシオロジーかもしれないね。創設者のドクターは同じカイロプラクティック医師なのよ。興味があるなら受講してみなよ。じゃあね”といわれて電話を切りました。

タッチフォーヘルスねー。ほうほうほう。

では、調べてみるかとPCの電源を入れてネットに繋げてみました。ヤフーの検索ページで”Touch for health”を検索したらでてきました。タッチフォーヘルス教育社のHPがでてきましたのでクリックをしてみると二人の男性の顔がいきなり出てきました。

あごひげを生やしたおじちゃんは”創設者のジョン シー カイロプラクティック医師”、もう一人の若いお兄ちゃんは”創設者の息子のマシュー シー先生”でした。

へー、HPを読み込んでいくとタッチについての細かい説明や、学校の所在地が書かれていました。”私の自宅の近くはどっちの先生かなあ”と調べていくと創設者の住所は私の住まいから車で1時間かかる、マリブという場所でした。 まあ、ちょっと自宅からは遠いなあと。 では、もう一人の若いお兄ちゃんの住所はどこかなと、地図で検索をしてみると”ロスアンゼルスとでてきました。” ”同じロスならそんなに遠くないだろう。では私の自宅からはどのくらいの距離かなあと検索をしてみると”徒歩1分の距離”。はあー、あ、酔っているんだな。少し時間を空けてもう一度検索をしようと思い直して、PCをスリープにしました。 

実はその日は私の自然療法学校の期末試験が終了し、自宅に帰宅をし仮眠をとり、その後にフットボールの試合をテレビ観戦しながら直径70センチ、厚さ7センチの「シカゴ ピザ」と50度のカナダのウイスキー「ユーコン ジャック」をいただいていました。

余談ですがもし、アメリカに行くことがありましたら”シカゴ ピザを一度たべてみてください。なかなか美味しいですよ”。野球観戦をしながらの(私はドジャースタジアムの真下に住んでた関係もあり、野茂英雄の試合は6回ほど観戦に行きました)ピザとビールは最高です。

話に戻ります。

そろそろ時間も12時を回ったのでもう酔いはさめているだろう、先程のロスのタッチの先生の住所をしらべるかとPCの電源を入れて、再度住所検索をしました。 でてきた結果が

また、徒歩一分”

おっかしいなあ、もう充分酔いは醒ましたのに何だろう。その後、4回ほど住所検索をしましたが徒歩1分、徒歩1分、はてまた徒歩30秒と出てきました。

もう一度だけ私のロスの自宅からマシュー先生の学校を検索をしました。結果は

”徒歩1分”

あ、そう。私の家からそんなに近い距離で創設者の息子がタッチフォーヘルスの学校をされているんだ。

ふーん・。・。 あれ、まてよ、この住所と通りはもしかしてと思い、寝室に行き、カーテンを開けて窓を開けて周りを見渡しました。

あ、あの丘の上にあるあの場所。 そう、それはまさしくマシュー先生のタッチフォーヘルスの家が見えた瞬間でした。

つづく