キネシオロジーへの道4

タッチフォーヘルス キネシオロジー編4

前回から

あれ、この人の顔を見たことがあるぞ。

あ、タッチフォーヘルスのHPに顔写真がでていた人だ。

そう、その若いお兄さんこそ、私の生涯のタッチフォーヘルスの先生となる        

マシュー シー先生その人でした。

”あのーすみません、ここはタッチフォーヘルスという学校ですか?” と尋ねました。

マシュー先生は私の顔をじっと見てからニコリと笑われて

”そうですよ、よく来たねー” と言われました。

”あ、そうなんですか。有難うございます。私は中村といいます。現在自然療法の専門学校に通って勉強をしています。 知り合いのカイロドクターからAKではなくタッチフォーヘルスを学んでみなよと勧められて、ネットで先生の事を知りました。” 

”あ、そうなんだ。家の中に入って話すかい?”と言われましたが 

”いえ、今日ここに来たのはAKとTFHはどのように違うかを聞きたくて来ただけですからお構いなく”と言いました。

マシュー先生は丁寧にTFHについての説明をしてくださりましたが、イマイチよく理解できませんでした。 思い切ってこのように言いました。

先生、TFHの説明ありがとうございます。とても素晴らしいキネシオロジーだと言うのは理解できました。そこでお願いがあります。。TFH講座を受講する前に先生のTFH調整を一度体験したいのだけどやってくれますか?”と言いました。

マシュー先生は少し考えこんで ”よし、私は普段は個人調整はやらないけど特別にやりましょう。12月28日の10時30分にもう一度ここに来なさい”と言われました。

私は ”わかりました。では12月28日に戻ってきます。その後に先生のTFH講座を受講するか決めます。”といってお別れしました。

写真は、2007年5月の私がタッチフォーヘルスのインストラクターコースを受講するための2日間の認定講座と試験に合格した時の認定書です。日本では、筋反射徹底マスター講座といいます。(アメリカではproficiency 講座といいます)マシュー先生の自宅でした。